広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

はがきの圧着はどんな目的で使われる事が多いのか

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > はがきの圧着はどんな目的で使われる事が多いのか

はがきの圧着はどんな目的で使われる事が多いのか

はがきで使われるふちのり


はがきは、表が宛名書き、裏側に内容を書くというイメージが強いかもしれませんが、それだけですと裏面にしか内容を書くことができずになかなか内容が伝わりきらない場合があります。より詳しく、より様々な内容を伝えたいという場合は、ふちのり圧着を使ってサイズを凝縮したはがきを作ると効果的でしょう。例えば、セール情報などを伝えたい場合が挙げられます。ふちのり圧着タイプを活用することでより詳細な、よりお店全体のお得情報を書くことができるでしょう。また、目玉商品などを大々的にレイアウトすることも可能です。レイアウトをレパートリー豊富に行う事ができる点も、スペースがあるからこそだと言えるでしょう。
圧着を依頼する企業はインターネット上でも数多くありますが、選択をする際には企業同士きちんと比較を行う事が大切です。企業によっては同じ値段でも商品の質が違ったり、商品の納期が違ったり等、いくつか違いがありますので、見積もりを出してもらった際にきちんと確認を行いましょう。値段が安ければコストを抑えることができますが、安ければ絶対に良いというわけではなく、あくまで全体的なバランスが重要になりますので注意してください。
ふちのり圧着を業者に依頼する際には、事前にレイアウトを考えることが大切です。折りたたんだ際に折り目が付いている所が見にくくなっていると、せっかくの情報が台無しになってしまいます。折り目が付いていても問題が無いようにレイアウトをして、丁寧な作成を行って行くことが大切です。このように、ふちのり圧着式のはがきはきちんと活用をすれば非常に便利に活用することができますので、DM作成などを行う際にぜひとも活用をしてみてはいかがでしょうか。

ダイレクトメールに利用が多数


ふちのり圧着式のはがきは様々な場面で活用をされていますが、例えばダイレクトメールを作成する際に活用されることが多いでしょう。セール情報の案内を始め、新発売の商品の案内など、様々な案内が対象となります。ダイレクトメールを送るか送らないかによって、企業の売り上げに大きな差が出ると言っても過言ではありませんので、非常に重要なアイテムと言えるでしょう。
通常のダイレクトメールとは違い、ふちのり圧着タイプの場合は情報量を倍以上掲載する事ができます。より内容を詳しく記入することで、お客さまの興味を引くような内容をたっぷりと掲載する事ができるようになるでしょう。レイアウトの仕方を工夫しやすくなりますので、よりお客さまにとって魅力的なダイレクトメール作成をする事が可能です。
また、スペースがあればその分写真を掲載することや文字量を増やすことができる上に、非常に見やすくなる点がおすすめになります。デザインの違いが、顧客獲得アップにダイレクトに影響すると言っても過言ではありません。ぎちぎちな状態で書かれているダイレクトメールは、貰い手側も見る気がうせてしまう傾向がありますので、十分注意をする必要があるでしょう。しっかりと貰った顧客の立場を考えた上で、ダイレクトメール作成をすることが大切です。
ふちのり圧着にすることでダイレクトメールをより見やすくし、より多くの情報量をお届けする事ができるようになります。より顧客アップを図れるはがきを作成したいという方の場合は、特に活用することをおすすめします。

個人情報保護にも効果的


ふちのり圧着式のはがきは、ダイレクトメールに活用されるだけではなく個人情報保護にも非常に効果的です。人様に見られたくない個人情報も通常のはがきですと筒抜けになってしまいますが、こちらのタイプであれば一安心です。配達の方も剥がしたりしない限りは見ることができませんので、重要なお知らせの際などに見てみると良いでしょう。
例えば、銀行の口座の繰り越し情報のお知らせやクレジットカードの暗証番号通達など、様々な情報を盛り込むことができます。外側からでは全く透けさせる事ができず、全く見えませんので安心して活用することが可能です。ただのダイレクトメールではなく、このような形にすることで守秘義務をきちんと守ることができます。圧着式にするからこそ、大切な情報を見えないままに顧客にお届けしてもらえる点が大きな特徴だと言えるでしょう。
また、お客さま情報を記載したお知らせ、セール情報などをお届けする際にもこちらのタイプは非常に効果的です。近年、何かと個人情報流出が騒がれる時代となりましたので、こうした方法をとることで、少しでも顧客の気持ちを安定させることができるのです。このように配慮の形としてふちのりタイプが活用されるというケースも少なくありません。ふちのりタイプは情報量を増やすだけではなく、重要な情報をきちんと隠すためにも利用をする事ができる方法です。個人情報保護が厳しく訴えられる昨今だからこそ、こうした細やかな配慮を行う事が企業のイメージアップにもつながると言っても過言ではありません。

次の記事へ