広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

ふちのり圧着で、効果的なダイレクトメールを送付する

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > ふちのり圧着で、効果的なダイレクトメールを送付する

ふちのり圧着で、効果的なダイレクトメールを送付する

この時代でもはがき式ダイレクトメール


ある分野について多くの人に「知ってもらう」というのは、簡単なことではありません。その知らせたい、と思う分野について、そもそも関心を持ってもらわなければならないからです。インターネット上は、様々な「知ってもらう」ためのフィールドがありますが、結局はそれらが山のようになっているため、他のものと区別化できなければ、ただの通り過ぎていく飾りのようになってしまいます。企業が、自社の商品や、提供するサービス等について知ってもらう時にも、他のものとは異なる、特徴を打ち出していく必要があります。その特徴というのは必ずしも商品やサービス自体のことではなく、それを知ってもらうための告知、宣伝方法にも当てはまります。
その点で、昔から行われてきた方法として、郵便はがき等を用いたダイレクトメールがあります。現代において、この方法が依然として効果を上げやすいといえるのには理由があります。どのような理由でしょうか。
まず、インターネット自体を利用・活用している人が比較的少ない高齢の世代は、郵便物の方が「知ってもらう」機会を産出しやすくなります。また、届けられるメールは関心がないと、よく内容を確認せずにすぐに迷惑メールとして消去してしまうような人でも、郵便物として届けられるものはまず内容を確認する、という人もいます。その点で、確かに効果があるといえます。
ただ、やはり郵便物も捨てられてしまう可能性は大いにありますから、そこで有用となるのが、ふちのり圧着という方法です。これはダイレクトメールを効果的に送付する手段の一つなのですが、具体的にどのような方法で、どの程度の効果があり、どのくらいのコストがかかるのでしょうか。

ふちのり圧着が効果的なワケ


よくダイレクトメールが企業から送付されてくる人なら分かるかと思いますが、一口にダイレクトメールといっても、様々な種類があります。良く用いられるのが通常のはがきサイズのダイレクトメールであり、それには、はがきそのものの大きさ、または、折りたたまれた状態がくっついているものがあります。前者は、すぐに内容を確認できるというメリットがありますが、その反面、良く内容が確認されないまま、たいして重要な郵便物だと認識されないで、捨てられてしまう可能性が大いにあります。これでは、そもそもダイレクトメールを送付した本来の目的を達成できていません。
そこで、ふちのり圧着、という方法を用いることができます。これは、はがき二枚分の大きさの紙が、二つに折りたたまれ貼り合わされており、一つ分のはがき大の大きさになっている形式のものを指します。特殊な加工がされていますので、はがしても内側の紙が破れることがありません。それを開けてはじめて、内容を確認することができます。なぜこの方法にメリットがあるといえるのでしょうか。それは、何が書いてあるのか分からないので、ひとまず中身を確認するという順序が発生しやすくなることです。そもそも一枚のはがきが来た、という時点で捨てられてしまう可能性が低くなるという効果が期待できます。
さらにこの方法は、内側に大切な個人情報が記載されている場合においても有効です。剥がしたら二度くっつけることができないからです。大きさとしてははがき二枚分、三枚分などの形式があるので、選択することができます。

さらなる顧客獲得のために


ダイレクトメール送付にあたって、ふちのり圧着を用いる方法は、ただのはがき形式に印刷するタイプのものよりも一枚当たりのコストは高くなります。しかし、そこから得られるメリットを考えるなら、選択する価値があると考えることもできます。加えて、ただ単にそれを多くの人に郵送するということもできますが、より対費用効果が高いのは関心がある、ありそうな人に絞って送付する、ということです。送付者の管理がしやすくなり、効果も高まります。
今まで全くその特定の分野に関して関心が無かった人に、改めて関心を持ってもらう、というのは簡単ではありません。もちろんそれもマーケティングにおいては必要なことですが、やはり不特定多数ではなく、ターゲットを絞ることによって、確実に新たな顧客を生み出していける可能性が高くなります。その方法の一つに、ふちのり圧着を用いたはがき、という方法があるのです。これをただ行うのではなく、効果的に行うならより高いメリットを期待できます。
商品やサービスを提供する側であったとしても、消費者の目線に立つことが必要な場合が多くあります。どのようなサービスを望んでいるか、そのためにどのようなアプローチが必要か、という点を考える上で、そしてそれをより多くの人に「知ってもらう」ということを達成するにあたって、どんなマーケティングならば自分は関心を持ちやすいか、という視点で見られるかもしれません。新規の顧客を獲得するだけでなく、長い付き合いをしていくためにも、そのスタートとして、効果的なダイレクトメールを用いることができます。

次の記事へ