広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

ふちのり圧着でダイレクトメールを送ろう!かかる費用とは?

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > ふちのり圧着でダイレクトメールを送ろう!かかる費用とは?

ふちのり圧着でダイレクトメールを送ろう!かかる費用とは?


ふちのり圧着とは



皆さんが日々受け取るDMの中には、目に留まりやすいものと留まりにくいものがあり、常に流れていく存在です。そのためできるだけ手に取ってきちんと読んでもらえるように、企業側は工夫を凝らす必要があります。今までにも実に多くの工夫がなされてきていますが、中でも注目したいのが、ふちのり圧着されているタイプのダイレクトメールです。これは非常に画期的なサービスです。

これまでダイレクトメールははがき1枚で送られるか、封筒に入れて送られるかの場合がほとんどでした。しかしながらそれを変えたのがこのふちのり圧着です。これははがきを両面くっつけたようなシステムのダイレクトメールを実現し、さまざまな企業が利用しています。なぜなら、1枚のはがき分の情報量では足りないことを両面にかけて記入することができ、コンパクトに送れるからです。

さらに、読み手もめくるだけで多くの情報を得られるため、封筒を開けるなどの手間を省くことができます。封筒であれば開けてごみが出ることもありますが、ふちのり圧着なら1枚で完結するので、そういった心配もありません。実に自由に利用できるものとして知られています。

粘着もねばねばしたものではなく、さっとはがせて一度はがしたあとは元に戻らないようになっています。家まではコンパクトに運べるのに対して、一度見てからはずっと大きなサイズで見られるのですから、とても便利な宣伝ツールのひとつです。現在販売店やサービス業などの職種がある企業では、自社製品をアピールしたり、個人的にお客様にキャンペーンを送りたいときなどに使われています。とても便利なサービスであるため、多少費用がかかりますが、今後もますます利用されていくことでしょう。



どうやって注文するの?



ふちのり圧着のダイレクトメールは多くの企業で利用されており、人気の高いアイテムです。しかしながら、どこで作ってもらえるのか、どうやって注文するのか、費用はどれくらいかかるのかなど、頼んだことがない人にとっては分からないことも多いでしょう。注文方法は専門業者によって異なりますが、まず電話やメールで専門業者と連絡を取ってみることが一般的です。自分たちである程度記載する内容が決まっているのであればメールの方がスムーズですが、相談しながら決めたい場合は、電話の方が適切です。

その時にある程度の希望を伝えると、見積もりをスタッフがしてくれることもあります。期日や枚数なども細かく伝えるようにしましょう。特にスケジュールは急いでなければ問題ありませんが、急ぎの場合にはあらかじめ連絡しておかないと、期日までに作ってもらえない可能性もあります。

見積もりに納得がいったら、早速注文をしてみましょう。注文するときは中の内容だけではなく、あて先の一覧表も必要になることがあります。ふちのり圧着はハガキで使われるものですから、郵送先まで入れてもらえるのはとても助かるものでしょう。あて先の一覧表はファックスや郵送で送ることが一般的です。サイズやデザインを選べるため、これらもあらかじめ決定しておきましょう。

最後に印刷データを作って入稿すれば完成です。入稿データはよく分からないという人も多いでしょうが、業者でテンプレートを作ってくれていることがあるので、それを利用すると早く作成することができます。難しい作業はほとんどないので、細かなことは専門業者と相談しながら進めると良いでしょう。



ふちのり圧着にするメリット



開けるときのわくわくする感覚や密封性に魅力のあるふちのり圧着は、メリットがたくさんあります。多少の費用をかけてでも、通常のはがきよりもふちのり圧着にしたいと思う人が増えてきています。どうしてそのように思われているのか、利点を紹介します。

まず、最も大きなメリットは、その仕様です。1枚のはがきに比べて、2倍以上の情報を詰め込めるという点はとても利点が大きいです。また封筒などに比べて圧倒的に開封率が高いのもこちらのタイプになっています。開けるときのわくわくする気持ちは、どの世代にも通じることでしょう。さらっと開けられるため抵抗感も少ないですし、自社のターゲットとなっている層にダイレクトに届けることができます。

一度情報を見てもらえれば、そこからサービスを展開したり、新商品の宣伝をしたりと自由に活用できます。中にはクーポンなどをつけて店頭に呼び寄せる企業もあります。開封率が高いということはそれだけ宣伝のチャンスが広がるということです。自分たちの商品やサービスを知らせるのにもってこいのアイテムとなります。

ここまで魅力があると、費用がかかるのでは、と金銭面で不安に思う方もいるでしょう。しかし、これもメリットの一つと言えますが、この圧着タイプは思った以上に金額がかからないことで知られています。例えば同じ情報量を送ろうとすると、普通のはがきでは記載しきれないので、封筒にチラシなどを入れて送らなければなりません。そうなると紙代と封筒代がかかり、結果的に圧着タイプより金額がかかってしまうことがあります。その分、ふちのり圧着タイプのはがきの方がお得になります。

次の記事へ