広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

ふちのり圧着の豆知識や価格について

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > ふちのり圧着の豆知識や価格について

ふちのり圧着の豆知識や価格について

オンデマンド印刷を活用してdmを制作しよう


ふちのり圧着でdmを制作したい方も増えているかと思いますが、印刷方法は様々です。その中でもここ数年で人気が高いのがオンデマンド印刷です。なぜ人気なのか理由についてここで紹介します。
まず1つ目は必要枚数分だけを印刷することが可能だという点です。オンデマンド印刷は必要な分だけを印刷できるという特徴を持っています。例えばそれほど多くの人にdmを送らない場合は、数十枚の印刷をしたりなど、少数ロットで対応することが可能なので、大ロットを注文する必要はなくなります。その分価格も抑えることができるので、なるべく低価格で制作したい方にとって特にオンデマンド印刷は魅力的です。
続いて2つ目に短納期が実現できるという利点があります。オンデマンド印刷は従来の印刷方法と比べて版を作る工程がありません。デザインデータから直接印刷ができるので、工程が短くなった分短納期を実現することができます。実際にdmはなるべく早く作りたい場合や急きょ必要枚数が増えたりした場合など、急がなければならない状況になることもあります。こういった場合は従来の方法ではなくオンデマンド印刷で作ると短納期を実現することができるので魅力的です。
それから3つ目として無駄なコストを使わない利点もあります。従来の方法では一度に大量のロット数を印刷する方法しかなかったので、dmを依頼したい場合は必要な分だけ使って使わないものは倉庫などに保管をすることが一般的でした。全て使うことができれば問題ありませんが、使わない場合は無駄なコストとなりますし、処分をしなければならないのでその分無駄な費用を支払わなければなりません。しかし、オンデマンド印刷の場合なら一度に何千枚など絶対に大量の印刷をしなければならない決まりはないので、コストカットを実現できるという利点もあります。
また、その他4つ目はテストマーケティングとして活用できるのも魅力です。例えば大量に印刷をする前に数枚だけ印刷をして効果が出るかどうかのテストをしたいと思っている企業もあるでしょう。オンデマンドなら必要な分だけ印刷できるので、テストマーケティングにも活用できます。このように、オンデマンド印刷を選んでdmを作成すれば、従来にはなかった様々な利点を得られるので魅力的です。

dmにふちのり圧着を利用した方がいい理由


dmには様々な種類が存在するので何を選んだらいいのか迷う人も多いですが、その中でもふちのり圧着をセレクトする企業は多いです。実際に選んだ方が良いとも言われていますが、ここでは具体的にその理由について述べます。
まず1つ目は価格です。圧着と聞くとそれなりにコストがかかるのではないかと思われがちですが、その中でもふちのりなら糊で圧着しているだけなので手間がかかりません。低価格で作成できるので負担を抑えることが可能です。今では企業もコストカットを目指しているところが増えています。節約を考えているならふちのり圧着を選ぶようにしましょう。
また、2つ目に大きいサイズのdmを作れるメリットもあります。dmには様々な大きさのものが存在していますが、中でもふちのり圧着はA4やA3といったサイズが大きなタイプがほとんどです。サイズが大きければその分伝えられる情報も増えます。できる限り多くの情報を知ってもらいたい方は選んだ方が良いでしょう。
それから、3つ目は開けてもらえる確率を高める効果があることです。ふちのりなどその他の圧着タイプも基本的には内容を確認できないのが特徴です。内容を確認できないとすぐに捨ててしまわれるのではと思う人もいますが、実は全く中身を確認できない方が心理的に中身を開けたいと思う人が多いと言われています。見てもらえる確率も高いので、より多くの方に情報を知ってもらいたい場合はふちのり圧着などを選ぶようにしましょう。このように、選んだ方がいい理由について述べましたが、特に魅力が多いのでここ最近では多くの企業が活用しています。

dmの注文方法について


初めてdmを注文する際にはどのような流れになるのかよく分からない方も多いでしょう。ここではふちのり圧着でA4サイズのdmを作成する際の、一般的な流れの一例を紹介します。
まず依頼をしたいと思ったら専門業者に問い合わせをしましょう。大抵の場合、問い合わせは電話やメールなどで気軽にすることができます。問い合わせをしたら具体的に注文に進みます。注文では必要書類に記入し用紙をFAXで送ります。確認ができたら原本を郵送で送るという流れです。
続いて印刷データの準備をします。ふちのり圧着と言っても種類が多いので、具体的に何を選ぶか決めておくことが大切です。その後データの準備ができたら印刷データの入稿を行います。入稿が終わったら料金を振り込み、印刷開始です。印刷が完了したらあとは出荷をして完了です。このような流れなので、初めての人は一通り目を通しておくといいでしょう。

次の記事へ