広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

ふちのり圧着はがきや文書は効果があるのか?

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > ふちのり圧着はがきや文書は効果があるのか?

ふちのり圧着はがきや文書は効果があるのか?

ふちのり圧着の魅力には何がある?


ふちのり圧着を使った手紙やハガキなどは近年人気を集めており、企業からも高い評価を得ています。特に、簡単に内側を見ることができない分、顧客情報などを掲載して郵送をする際に、活用される事も少なくありません。一見して中身を確認することができないため、情報漏洩を防止する効果が極めて高いのです。また、万が一第三者にはがされてしまった場合でも、その後のり付けをすることができない分、見られたことがすぐに分かります。その際にはすぐさま対応策を取ることができる面も、重要なポイントと言えるでしょう。
また個人情報保護の観点の他にも、簡単にはがせるという点も魅力の1つです。通常ののり付け封筒ですと、綺麗に破くことができず、中に入っている手紙まで破いてしまったという方も少なくありません。ですが、圧着タイプの場合は、はがすところからペリペリとはがすだけで綺麗にはがすことができますので、小さなお子様でも簡単に空けることができるでしょう。一度はがしたら再度くっつけることはできないため、自宅で開封後は、中身を簡単に確認できるのも1つのポイントです。
このように、何かと効果が高いのがふちのり圧着は、実際に利用することになると嬉しいポイントは多くあります。企業側にとっても、郵送されるお客様側にとっても、何かとメリットが多く、使いやすい郵送方法として知られています。

ふちのり圧着を選択する上でのメリットやデメリットは?


郵送する側もされる側も何かとメリットが多い、効果の高いふちのり圧着ですが、メリットだけではなくデメリットもあることを理解した上で、活用する事が大切です。
デメリットとして挙げられるのは、通常のダイレクトメールと比べるとコストがある程度かかるという点です。ただはがきに印刷するタイプとは違い、圧着の工夫を行う必要がありますので、ある程度のコストはかかります。ただし、通常のハガキだと個人情報保護の観点からすると、掲載内容に注意を払う必要があります。掲載内容によってはお客様に不信感を持たれてしまう可能性がありますので、使い所に注意が必要です。反対にメリットとして挙げられるのは、やはりその利便性でしょう。簡単に開封することができるにも関わらず、一見では内容を確認すことができないという点です。簡単に中身を確認することはできませんが、万が一空けられてしまった場合はすぐにわかりますので、その分すぐに対策を採ることができるでしょう。また、企業側、郵送する側からすると、しっかり個人情報保護をできる割にはコストが安いという点が挙げられます。しっかりと封をされた手紙類に比べると、扱いやすい点も特徴です。他に、通常のチラシとは違い、伝える情報をターゲットへダイレクトに届けることができる点です。人の心理をくすぐる「中を開けて見たくなる」効果が期待できます。
このように、ふちのり圧着式はある程度のコストはかかりますが、個人情報保護の観点から優れた威力を発揮します。金額に関しては依頼する業者によって異なりますので、依頼前にしっかり確認することが重要です。

依頼する業者をしっかり比較する


同じふちのり圧着でも、依頼する企業によって変わってくるので見極めが必要です。例えば、雨で少し濡れただけではがれてしまう等、セキュリティ面に心配があるような業者では、依頼することが心配になります。効果が高いふちのり圧着を依頼する際には、しっかりと業者選びを行うところから始めることが重要です。
依頼する業者を決める際にはまず、依頼するときにかかる値段をチェックします。同じふちのり圧着でも、依頼する業者によって金額は違ってきます。どれくらいの量のふちのり圧着ハガキを印刷するのか、事前に見積もりを出してもらうことで、他の業者と比較しやすくなります。見積もりを出してもらったら絶対に依頼をしないといけないということはなく、他の業者も必要に応じて比較してから決定しましょう。次に、どのようなタイプがあるのかを比較します。A4サイズのふちのり圧着を提案している業者もあれば、ハガキサイズのものしか提供していない業者もあります。より希望に近いタイプの業者を選び、依頼した際に困ることが無いかどうかを判断するようにしておきましょう。見積もりの際にある程度相談できる業者もありますので、気になることは事前に聞いておくことで後のトラブルを回避できます。今は、さまざまなサイズのものを取り扱っている業者もあるので、多くのサイズを依頼する可能性があるのなら、はじめからそういった業者を選択しておくことで安心です。
このように、依頼をする際にしっかり企業選びをすることで、納得できる業者を選ぶことが可能です。より望んだ効果を期待するためには、手間はかかりますが重要な行動となります。大きなサイズから小さなサイズまで対応してくれる所もありますので、需要に合わせて業者選びをしましょう。

次の記事へ