広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

より多くの情報量が圧着はがきとはどのようなもの?

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > より多くの情報量が圧着はがきとはどのようなもの?

より多くの情報量が圧着はがきとはどのようなもの?

より多くの情報を掲載できるハガキ



ダイレクトメールを受け取ることもあるでしょうが、時折はがきの隅などに「こちらをはがしてお読みください」となっていて、はがきを開けるような種類のものがあります。このような二つ折りの紙ではがきサイズにしたものを圧着はがきと言います。

圧着はがきとは紙を二つ折りにして、特殊なのりを使って貼り付けます。その上で圧力をかけることで折りたたまれた状態で郵送できます。このようなはがきを受け取ったことのある人ならお分かりでしょうが、かなりの圧力をかけて接着している半面、簡単にはがすことができます。一般的に非力と言われる女性や子供でも難なくはがせるはずです。

圧着はがきを使うケースとして、いくつかあります。例えばクレジットカードの明細や銀行から利用者へのはがきのような、極めてプライバシーの高い情報が書かれている場合です。圧着はがきで二つ折りにして接着し、重要な情報は折りたたまれた内部に記載されていれば、不特定多数に見られる心配がありません。そのほかにはお店のキャンペーン情報の書かれたはがきでも、この種類が使われることも少なくありません。二つ折りにしているものを広げた時のサイズは、少なく見積もっても通常のはがきの倍以上です。何回かに折りたたんで圧着させれば、さらに用紙の大きさが大きくなります。サイズが大きくなるということは、それだけ多くの情報をはがきに記載できます。つまりキャンペーン内容などより詳しい情報を掲載できるわけです。しかも圧着はがきで送ったとしても、通常のはがきと郵便料金は一緒です。このような経済性のメリットも相まって、ダイレクトメールでしばしばつかわれる手法なのです。



圧着はがきの2つの特徴を理解しておこう



圧着ハガキには通常のはがきにはない特徴があります。もしこちらを使って郵送したければ、以下で紹介する2つのポイントを理解したうえで活用しましょう。まず圧着ハガキとは、1回接着面をはがしてしまうと再接着ができない特徴があります。

具体的にこのはがきの作り方について簡単に解説すると、表面に関圧性に優れた特殊な塗料をコーティングします。その上で紙同士が接着できるように、一定の圧力をかけていきます。もし一回接着面をはがしてしまうと、再びその部分をつけるためには一定の圧力をかける必要があります。これは機械で高い圧力をかけて行っているので、人間が体重をかけたくらいの圧力で再び接着することはできません。このはがきを使おうと思っている人の中には、気密性を評価して採用しようと思っているケースもあるでしょう。中に書かれている情報をほかの人に見られたくなければ、はがれないように送付するまでの作業を行う必要があります。途中ではがれないような管理が求められます。

もう一つの特徴は、印刷適性にあります。はがきの一種である以上、印刷適性が求められるのはある意味避けられません。圧着ハガキにはいくつかの種類があるのですが、オフセット印刷のものが中心です。ただし印刷会社によってはその他の印刷方法でも対応可能なケースもあります。通常のはがきと異なる特徴として、印刷をする時に印刷機の各部にのりが付着するリスクが発生する問題も無視できないでしょう。しかし圧着対応している印刷会社であれば、そのような問題をクリアしている所がほとんどです。この部分に関しては、必要以上に心配することもないでしょう。



ダイレクトメールにすると開封率のアップも



圧着ハガキの用途を見てみると、公共料金やクレジットカードの支払い、契約内容の記載されるはがきなどプライバシーの保護の観点で利用されるケースがあります。その他に主要な用途として、メーカーやお店が商品・サービスのPR、イベントの開催告知、会員対象のキャンペーン、入会キャンペーンなどのダイレクトメールもあります。ダイレクトメールで活用する事例は、近年増加しています。普通のはがきでダイレクトメールを送った場合、読まれずにそのまま捨てられてしまうことも多く、コストをかけた割には思ったような宣伝効果のないことも少なくありません。しかし圧着ハガキのように、一見しただけでは中身が見えないような作りになっていると、ついついはがしてみたくなる衝動に駆られる人も少なくありません。はがす感覚が好きという人もいれば、隠れていると逆にそれを覗いてみたい・暴いてみたいという気持ちが働く人もいるでしょう。このような心理作用によって、通常のはがきによるダイレクトメールと比較すると、宣伝効果が高まります。いろいろな実験や検証で、圧着タイプに変更したことで開封率がアップしたという結果も出ています。

圧着タイプに使われるはがきの紙質はいくつか種類があります。どれにすればいいかですが、実際に加工を担当する会社の推奨する紙を使用するのが無難でしょう。印刷会社の中には印刷から発送の一切を請け負ってくれる所もあり、こちらが余計な作業をしなくても済むようなところも出てきているほど、一つのジャンルとして確立されています。

次の記事へ