広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

圧着はがきでの集客方法のメリットについて解説

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > 圧着はがきでの集客方法のメリットについて解説

圧着はがきでの集客方法のメリットについて解説

圧着はがきでの集客方法は効果があるのか?


有効な集客方法として、圧着はがきを使ってのダイレクトメールの発送があります。圧着はがきとは、二つ折りの紙の内側に目的の要件を記載して特殊なノリをつけて圧力をかけて接着したタイプのことです。このときに接着面をはがすときには特別な道具は必要なく、簡単に手で剥がすことができます。また、一度はがすともう接着できませんが、子供でも簡単に剥がすことができるものが多いです。
では、なぜ最近のダイレクトメールには圧着はがきが使用されているのかといいますと、プライバシー情報がしっかりと保護されているからです。接着した面を剥がさない限り中身を見ることができないので、本人以外の人に中身を教えたくない場合には非常に有効です。したがって、ダイレクトメールにも、本人だけへの特別な案内を記載することができるので、集客方法としては非常に有効だというわけです。また、何かのパスワードを記載していたとしても、第三者にそれが漏れる心配もないので、秘密厳守には最適です。
さらに、圧着はがきというのは宛名面を含めて4つの面が使えるので、掲載できる情報量が非常に多いことが特徴です。スペースを無駄なく使用することができるので非常にコストパフォーマンスがいいです。通常のハガキの場合だと、裏一面しか情報を載せることができないのであまり有効活用することができません。しかし、圧着はがきであれば、限られたスペースを効率的に活用できるので低予算での集客方法としては最適です。しかも非常に見やすいので開かれたときにパッと目に情報が飛び込んできます。必要な情報を相手に届けたい場合には最適の方法です。

圧着はがきでの集客方法のメリットとは?


最近の企業は圧着はがきを使った集客方法がとても流行していますが、なぜそんなに使われているのかといいますと、それだけ情報を届けやすい、つまり開封率が高いからです。今や誰もがパソコンやスマホを所有していることから、最近はネット広告が非常に増えているのですが、それだけに広告費用が非常に高くなってきていますし、昔と違ってネットの広告は読まれにくくなってきました。また、広告を非表示するように設定できるようにもなってきていますので、せっかく高い広告費用をかけても顧客に情報を届けることが困難になってきました。
一方圧着はがきの場合であれば、中身が見えないだけに顧客の好奇心をくすぐる効果が非常にあります。仮に捨てるにしても、取り敢えず剥がして中身を確認してから取っておくか捨てるかを判断されることが多いので、ネット広告よりもずっと開封率が高いですし、さらに精読率も高いです。広告というのは、お客さんから読まれて宣伝効果があるものなのでどれだけ広告費用をかけてもスルーされてしまったら意味がありません。その点圧着はがきであれば、他の集客方法よりもずっと顧客に情報を届けやすいので非常にお勧めです。
時代によって色んな集客方法が誕生しますが、圧着はがきでのダイレクトメールはいつの時代でも人間の本能である好奇心をくすぐるので、高い確率で情報を届けることができます。ネット広告を出しているけどあまり効果を感じていない企業や、まだ起業したばかりであまり集客に予算を使うことができない自営業の方こそお勧めの方法です。

他にもある集客方法に圧着はがきを利用するメリットとは?


圧着はがきでの集客方法というのは、本当に他の集客方法よりも効果的な上に色んなメリットもあります。例えば、よくカタログが自宅まで送られてくることがありますが、いきなり分厚い冊子を送ったところで、顧客にとってはかさ張るだけで全く有り難みを感じることはなく、むしろ迷惑だと思われてしまうことがほとんどです。多くの情報を顧客に届けたいという気持ちという点は理解できますが、肝心の顧客の心情を全く無視した方法だと意味がありません。
しかし圧着はがきであれば、薄くて面積も小さい割には中身を開くと情報量が非常に多くさらにコンパクトです。また、郵便受けも圧迫することがないので邪魔になることがありませんし、かといって気付かずに捨てられるほど存在感が薄いわけではないので、ほぼ確実に手に取ってもらえます。また、封書を開封するときとは違って手間がかかりませんし、一種のアトラクティブな仕掛けが施されているのでむしろ顧客は嬉々として開封してくれるかもしれません。
しかも印刷しても文字がつぶれにくいですし、美しく鮮やかなデザインを施すことが可能です。商品やサービスのイメージを精密に表現することができるので、最適な広告の一つです。また、第二種郵便物の条件を満たすことで、通常のはがきと同じ料金で郵送できるので、コストも削減することができます。ダイレクトメールというのは意外とコストがかかるものですが、そのコストすら最大限削減できるのがメリットです。専門業者に依頼すれば、色んなタイプの紙を利用できるので、まずは業者を選ぶことから始めると良いでしょう。

次の記事へ