広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

圧着ハガキの大きさやのりの種類と業者選びのコツ

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > 圧着ハガキの大きさやのりの種類と業者選びのコツ

圧着ハガキの大きさやのりの種類と業者選びのコツ

圧着ハガキの大きさの種類について


圧着ハガキは一般的にDMや料金の請求をする時に使用されるはがきのことです。請求書などで使われる理由は郵送時に他の人に内容を知られることなく相手に届けることができるためです。実際に郵送をする時は手紙やハガキを仕分けして、仕分けを終えたものを配達員が宛先の家庭に届けるケースが多いです。もし使用料金などが表面に記載されていることがあれば他の人に知られてしまいますが、圧着ハガキはめくって中身を確認するためプライベート性が比較的高いDMです。また、開封したいという心理効果を得られる可能性があるという理由から使われることもあります。実際に商品やサービスのDMに使用されることが多く、閉じられていることで開きたいという心理的効果が働き、多くの人に宣伝を見てもらえる可能性があります。さらに、情報掲載量を多くすることができるため人気があります。DMでは多くの情報を掲載してたくさんの商品やサービスを紹介したいと思うことも珍しくありません。もし一般的な用紙であればコンパクトに多くの情報を伝えることは難しいです。しかし、圧着ハガキであれば折りたたんでコンパクトに伝えることができ、さらに多くの情報を掲載できるため、DMに活用しやすいです。
このように様々なメリットがあるため、実際にDMや請求書として活用したいと思っている企業も多いですが、業者では幅広い種類を扱うところがたくさんあります。そのため、導入をする前に種類を知っておき、自社で導入できそうなものを調べるようにすることがおすすめです。種類の一つとして挙げられるのがA4サイズの大きさで4ページのタイプです。このタイプは比較的ページ数が少ないですが、外側には公開できる会社名や電話番号などの情報を記載して、内側にはお客様情報や商品紹介ができます。A4サイズになるため比較的取り入れることができるデザインも多いです。その他の種類としてはA4サイズで6ページ構成の対応です。A4サイズで6ページ構成されたタイプは4ページよりも多くの情報を掲載することができます。そのため、請求書ではなくDMとして活用しやすいです。比較的ページ数が多いタイプには8ページがあります。8ページは広げた時の用紙サイズが非常に大きいため、他の種類よりも更に数多くの商品やサービスを紹介できます。そのため、家電量販店を運営している企業が会員の人に新作の家電をたくさん紹介したりすることも可能です。また、A4サイズだけでなく長3タイプを扱うところもあります。長3タイプもA4サイズ同様に4ページ、6ページ、8ページの中から選択することが可能です。長3タイプはコンパクトであるため請求書などにも使用が可能です。

圧着ハガキで使われるのりの種類は?


圧着ハガキではのりが使われます。のりには種類があるため、どのような特徴があるのか知っておくことで商品を選ぶ際に参考にすることができるでしょう。
種類の一つとして挙げられるのがニスのり圧着です。ニスのり圧着の特徴は接着面に光沢があることです。光沢があることで他の種類に比べて印刷したページを鮮やかに見せることが可能です。その他の種類としてはゴムのり圧着です。ゴムのり圧着は他の種類に比べて比較的マットな質感になります。また、筆記特性が優れているという点も特徴の一つです。紙面にボールペンなどで記載することもできるため、送信ハガキだけでなく、受け取った方はメモとして活用することもできます。その他の種類にはふちのり圧着です。他の種類は一般的に紙面にコーティングを施しますが、ふちのりはそれをしないので紙面の質感などが損なわれることが少ないという特徴があります。また、安価な点も特徴です。請求書であれば数は限られますが、DMとして圧着ハガキを活用する時はたくさんの部数を準備しなければなりません。一枚が安価でも全ての部数の合計金額は高くなることもありますが、ふちのり圧着は安価なので金銭的な負担が少ないです。その他の種類にはフィルム圧着を挙げることができます。フィルム圧着は小ロットから対応できるという特徴があります。

依頼する業者の選び方のコツ


DMや請求書を準備するために圧着ハガキを採用する企業も多いですが、実際に圧着ハガキのサービスを提供してくれるところは多いため、選び方に困る方も少なくないでしょう。
選び方のコツとしてはコストです。コストを安くするために見積もりを取り、見比べる企業が多いです。見比べることで料金比較ができるため、コスト削減ができる可能性があります。その他のコツはセキュリティーです。実際に圧着ハガキをプリントする時の印字にはお客様情報が含まれることは珍しくありません。例えば住所や名前などです。もしセキュリティーがしっかりとしていないと多くのクライアントに迷惑をかけることになるため、セキュリティー体制が万全なところを選択します。種類がたくさんあるかどうかも選び方のコツです。種類がたくさん扱うところを選ぶことで自社に採用しやすい圧着ハガキを見つけられやすくなります。

次の記事へ