広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

大判のdm圧着を行うなら、企業に相談してみましょう

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > 大判のdm圧着を行うなら、企業に相談してみましょう

大判のdm圧着を行うなら、企業に相談してみましょう

大判サイズのdmを作る


様々な商品紹介や、お客さまに重要な情報を伝える際に活用されているのが、ダイレクトメールです。そんなdmですが、情報内容によっては、大判サイズを用意しないといけないという企業も少なくありません。更に、大判サイズでふちのり圧着タイプを用意したいとなると、何かと手間暇がかかります。自力で用意するとなると企業側にも負担が掛かりますので、そんな時には、専門の業者に依頼をすると良いでしょう。
dmの作成を依頼できる企業は多くありますが、ふちのり圧着までできる企業となると、なかなか限られてきます。更に、自分たちのニーズに沿った企業を選ぶ、安心できる企業を選ぶとなると、更に限られてくるでしょう。例えば企業を選ぶ際には、値段、品質、どんな製品があるのか、全てに関して比較を行い、企業選びをする事が重要です。個人情報の取り扱いがあるという場合は特に、セキュリティー面でも信頼できるような企業を選ぶ必要があるでしょう。
ダイレクトメール作成もタダではありません。より効率良く、より安心して任せることができる企業に依頼をすることももちろんですが、値段も有る程度おさえられている所ではないと、企業に負担が掛かる場合があるでしょう。依頼する製造業者によっても値段は異なりますが、探せば大判サイズでも低価格でできる場合がありますので、企業同士を比較してみてください。
またダイレクトメールは、マド付きといわれる住所などが内側の文書に書かれている場合、見ることができる仕様にするのかによっても、値段が異なる場合があります。作成するダイレクトメールにあわせて、仕様をチェンジし、より見やすいタイプを選択することで、ダイレクトメールの効果がアップするでしょう。

自力で用意するデメリット


企業によっては、自力でdm作成、大判サイズの文書をふちのり圧着して、顧客に郵送するという方法をとっているところも少なくありません。そちらの方が安く、自分たちのオーダーをそのまますぐに取り入れることができる点が魅力ですが、その分デメリットもあるという事を頭に入れておきましょう。
まず、通常業務に差し支えが出る場合も有るということです。企業によっては、通常業務に加えて、別途作成業務を行わないといけない場合もあります。その為、通常業務に支障が出る、残業が増える、など、企業に取って損失となるケースも少なくありません。もちろん極端な例ではありますが、そういった可能性があるということを、頭に入れて置かなければいけないでしょう。
また、そうした事態を防ぐために別途で人を集める、バイトを雇うなどすることも、デメリットになる事があります。確かに従業員の仕事効率はキープされたままになりますが、その分、個人情報の漏洩、作業の乱雑さなど、危険な事態が発生する事も少なくありません。一時的に人を雇うと言う場合は特に、きちんと人を見て雇うようにしないと、余計な手間暇がかかる場合も有るということを頭に入れて置きましょう。
このように、絶対にそうであるとは言い切れませんが、場合によってはデメリットが発生する事も少なくありません。企業自力で用意するというのも一つの方法ではありますが、何かとデメリットが発生するという事も考えておきましょう。より確実な方法としては、やはり専門的な業者に依頼をしてしまうのが、ベストといえます。

大判サイズを圧着するメリット


ふちのり圧着は、個人情報を守る目的などで使われるイメージが強い方も居るかもしれませんが、決してそれだけではありません。大判サイズのdmをふちのり圧着することで、このようなメリットがある場合もあるでしょう。
まず、大きいサイズですとポストに入らない、そもそも配る際に余計なお金がかかるという事も少なくありませんが、ふちのり圧着をしてコンパクトにしてしまえば、そんな事はありません。情報量はそのままに、郵送料を節約できるという、非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。コンパクトになっている分、配達をしてもらう際にも持ち運びがしやすいといえるでしょう。
次に、見やすさの点が上げられます。コンパクトになっている分、きちんとレイアウトをすれば、雑誌感覚で気軽に見やすく、お客さまの目に留まりやすい点が特徴です。紹介する商品などによっては、デザイン一つで購入率が変わるといっても過言ではありませんので、デザイン方法の一つとして、上手に活用することができるでしょう。ごちゃごちゃと見にくいdmとは異なり、お客さまの目に留まりやすくなる点が大きな特徴です。
ダイレクトメールは日々、多くの企業によって作成をされています。その為、他社企業と同じような仕様では、目に留まらずに捨てられてしまうことが多いでしょう。そうならない一つの方法、一つの工夫として、ふちのり圧着を使った大判サイズのダイレクトメールは、効果的であるといわれています。利用する場面をよく考えて、レイアウトを工夫することで、より購入率アップに繋げられるといっても過言ではありません。

次の記事へ