広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

DMの圧着を行うメリットと依頼する企業の選び方

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > DMの圧着を行うメリットと依頼する企業の選び方

DMの圧着を行うメリットと依頼する企業の選び方

DMの圧着をする企業選び


商品の売り上げ効率をアップさせる、効率良く情報を伝えるなど、様々な効果があるのがDMです。ただ、DMは非常に様々なタイプが出回っていますので、他社と差をつけるためにはより良いダイレクトメール作成を心がけることが大切です。書かれている内容に気を配るキャッチーなダイレクトメール作成を心がける事ももちろんですが、より情報密度を濃くするためには、ふちのり圧着タイプのダイレクトメールを作成することをおすすめします。
ふちのり圧着タイプには、様々なタイプがあります。大判サイズの文書をコンパクトサイズにすることもできますので、通常のダイレクトメールに比べると情報量を濃くして作成することができる点が特徴でしょう。ですが、どんな企業に依頼をしても良いという訳ではありません。丁寧な作業、それなりのコストパフォーマンスの良さがない企業に依頼をしてしまうと、せっかくのダイレクトメールが台無しになってしまう可能性があるでしょう。依頼する企業を選ぶ際にはまず、企業の評判や企業が実際に行っている仕事のサンプルなどが掲載されている所を選ぶようにしてみてください。顧客のニーズに合わせて様々なタイプを用意している企業もありますので、ニーズに合ったダイレクトメールを作れるかどうかも細かくチェックしてみましょう。
また、顧客情報などの個人情報を掲載する際には特に、セキュリティーがきちんとしている企業に依頼をする事も大切です。個人情報漏洩につながる場合もありますので、万が一の事を考えて安心感がある企業に依頼をするようにしましょう。このように、DM作成を依頼する際には業者選びが最初のポイントとなりますので、いくつか比較をしてみるように心がけてみてください。

DMのふちのり圧着を行うメリット


DM作成の際に活用することで、様々なメリットがあるのがふちのり圧着タイプだと言われています。具体的には、次のようなメリットを得ることができるでしょう。まず、大きなサイズを小型にする事ができますので、情報量を多く掲載する事ができる、レイアウトを見やすく工夫しやすいという点が上げられます。折りたたみ式の圧着タイプの場合、大きいサイズをより小さなサイズに折りたたむことで、コンパクトで邪魔にならないのに、開いてみたらチラシのように色々と書かれていると言う、インパクトを与えることもできるでしょう。セール情報を始め、商品紹介情報など、お得情報からお知らせをしたい情報まで、しっかりと一枚のはがきに詰め込む事ができる点が大きな特徴です。また、しっかりとスペースを取ることもできますので、ゆとりをもって見やすいダイレクトメール作成ができると言う点も、大きな特徴だと言えるでしょう。
次に、きちんと内容がふたをされている状態ですので、個人情報保護につながる点がメリットです。お客さまの暗証番号やお客さまの顧客番号など、通常のはがきでは丸見えになってしまうタイプも、封がされている状態のこちらのタイプであれば、内容をぱっと見チェックすることができません。近年銀行やクレジットカード会社でも取り扱いがされることが多いタイプですので、非常に信頼度が高い点が大きなメリットであると言えるでしょう。
このように、情報量の濃さをアップできる、セキュリティー面がアップするなど、ダイレクトメール作成時に嬉しいメリットがいくつかある点が、ふちのり圧着タイプの特徴と言われています。

企業に依頼する際の注意


企業にふちのり圧着タイプのDM作成を依頼する際には、いくつか注意をしないといけない事があります。せっかくのダイレクトメールの良さを損ねてしまわないためにも、このような部分に注意をしましょう。
まずは、納期についてです。作成依頼をする際には事前に見積もりを出してもらえる所が多いですが、納期の見積もりもきちんと出して貰わないと、欲しいタイミングで間に合わない可能性があります。セール情報などを記載したダイレクトメール作成の場合や、期間限定などの場合は特に事前に納期を確認してから間に合うように依頼する事が大切です。ぎりぎりになって依頼をする場合はしっかり注意する必要があります。ダイレクトメール作成が多くなるシーズンは、通常よりも納期が遅くなる可能性がありますので、早めに依頼をするなどの対策を行いましょう。
次に、レイアウトについてです。せっかく綺麗にレイアウトができても、折りたたんだ時の事を考えないとレイアウトが台無しになる可能性があります。重要な部分が折り目と重なってしまって読みにくくなるという事もありますので、折りたたんだ時の事を考えて開いた状態のレイアウトを考えるようにしてください。実際にお客さんの手にダイレクトメールが届いたときの事を考えて作成をするようにしましょう。
このように、依頼をする前に事前に注意をすることで、ダイレクトメール作成で失敗をする可能性が低くなります。せっかくのダイレクトメールを無駄にしてしまわないためにも、作成時には時間をかけて色々な事を確認してから依頼を行いましょう。

次の記事へ