広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

A4型はがきを使って上手に自社アピールを

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > A4型はがきを使って上手に自社アピールを

A4型はがきを使って上手に自社アピールを

A4型はがきの魅力


チラシとして送られてくるDMと、はがきなど個人当てに送られてくるDMとでは圧倒的に後者の方が開封率が高い事は、様々な研究データから明らかになっています。チラシを数千枚作成して個々のポストへ配布していく手間と経費を考えると、はがきで個々に送った方がコストパフォーマンスも高いのです。特に圧着タイプにするとなお開封率は高くなります。
見えないゆえにのぞきたい欲求がそそられるからで、人間の心理をうまくついたDMの方法です。圧着は一度に裏表4面の広告でPRできますからボリュームが違ってきます。ましてA4型はがきだったらどうでしょうか。さらにインパクトが違ってきます。しかしながら毎日大量の広告が届きますがA4型はがきなどという規定外のはがきが届いたためしがない、見たこともないという人も多いのではないでしょうか。
やはり一般的なのは通常はがきでのDMですから、A4型はがきというのはごく少数派です。それだけに他のチラシとまざっていても目を引くはずです。いわばこれが最大の魅力ですから、数が少ないだけに注目度およびインパクトが他の群を抜いて違うという事になります。この効果に気付き始めた業者がA4型はがきDMを活用し始めています。すでに郵便料金が上乗せされましたが割引キャンペーンを展開している業者を利用する事で、格安で発送できる方法もあります。
もちろん通常の発送方法で送る事もできますが、少しでも経費を節約して効果を上げることを考えているのであれば、容量の大きいA4型はがきで自社事業の展開を狙うというのも選択肢の一つです。印刷の方法も日々進化しており、効率よくPRできる技術も開発されています。コストダウンをはかりたいなら試してみる価値は大いにありそうです。

様々なA4型はがき


印刷の仕上がりはすなわち印刷機の性能に由来するところが大きいと言えます。大中小どのような企業でもコピー機は備えられている時代ですから、コストをかけずに自分たちで作成して発送しようという考え方もあります。しかし、紙代、インク代、デザイン力、郵便料など経費を細かく見積もっていくと、業者に頼んだ方が完成度の高いDMを確実にユーザーの元へ届けることができる場合も多くあります。
イラストレーターやフォトショップなどの高機能な画像編集ソフトが手軽に誰でも使える時代でもありますから、原案は自分で作成しDMと発送をプロにまかせようという方法も一般によく使われています。はがきの種類も豊富にありますから、まずはどの方法でDMを実施するか選択する必要があります。ふちのり圧着のA4サイズのはがきならば4Pから6Pくらいまで作成可能です。
ふちのり圧着は文字通りはがきの縁周りにだけのり付けしたもので、はがされた時ののり付着部分がきれいですから印象も良くなります。通常タイプのものもあり、裏表1Pずつのコピーですが画像が大きくなる分インパクトも大きくなります。小ロットであっても対応している業者は存在するので、無駄に印刷することがなくコストダウンになる事に加えて、画像の完成度も高いDMが可能となり人気となっています。
大判のはがきは見る人へのインパクトをより強める効果に加えて手に取ってもらいやすさも増す方法ですから、少しでも安い経費で効率よく自社PRしたい人に特にオススメの方法です。そのためにも業者選びも重要ですが、ねらい目は割引キャンペーンを展開している業者です。

A4型はがきの相場


通常ちらし一枚に使う広告記事をはがきにして直接ユーザーの元へ送りますから開封率が高いですし、インパクトも一段と上がりますからA4サイズのDMはがきはオススメなのですが、それだけに経費がどれくらいかかるかが気になるところです。通常は規格外になりますから一枚ごとの郵便料は通常はがきの2倍以上になるのは当然ですが、そこへ印刷代まで入れると高くついてしまって、メリットがなさそうに思えます。
しかし他のDMでも言える事ですが10000枚以上の大量発注にすることで、一枚のコストが割安になることが多いのです。企業規模によっては2000枚程度で充分というところもあるでしょう。その場合でも安くできる方法があります。できる限り割引キャンペーンを実施している印刷業者を選ぶ事です。発送まで請け負ってくれる業者もありますから人件費なども含めてトータルで考えるとコストダウンになる場合もあります。
さらに効果的なDMを作成したいのであれば、紙の種類を選択する他に圧着タイプにしてみるのもよい方法です。その中でも大判は見た目のインパクトが通常タイプよりも大きい事はもちろんの事4枚分~8枚分の広告チラシを一枚のはがきの中に盛り込めるというのは、やはりお得感があります。
A4型はがきのふちのり圧着DMを10000枚発送する場合、一枚にかかる印刷料金は安くなりますし、全て込みのパックサービスを利用することによってトータルで考えるとかなり労力が削減されるので、利用してみようと考える人も増えるでしょう。少ないページでより効率よくDMをしたいなら、こういった方法を選ぶのも選択肢の一つです。事前によく調べて、自分のニーズに合ったサービスを提供している業者を選びましょう。

次の記事へ