広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

DMはがきの必要性と効果の出るDMはがきを作る方法

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > DMはがきの必要性と効果の出るDMはがきを作る方法

DMはがきの必要性と効果の出るDMはがきを作る方法


広告宣伝の方法



飲食店をはじめ美容院などの販売店は利益を上げるためには、どれだけの顧客を獲得できるかが重要になります。まずは自分たちの存在を知ってもらうこと、利用してもらうことから始まり、リピーターとなって継続的に通ってもらうことが必要です。ただ開店しているだけでは人は集まりません。集客するためにはしっかりと外に向けてアピールすることが必要です。

外に向けての営業にも色々なものがあります。ポスティングや店頭でのチラシ配りといったものもあれば、DMはがきの送付やホームページ作成やメールマガジンの配信、新聞やテレビでの広告など様々です。方法によってかかる費用も得られる効果も大きく違いますし、ターゲットによって営業方法も違いますから費用やターゲットといったものから戦略を考えて行うことが必要です。

最近では簡単で費用がかからないということで、ダイレクトメールはメールで送ることも増えています。メールであればリアルタイムな状況に合わせた内容が送れますし、通信費のみで送れるのでコストもほとんどかかりません。お店にお客さんがあまりいない時や、雨が降っていて客足が伸びないという時には混雑していない旨や特別にサービスをするといったリアルタイムな情報やすぐにレスポンスが返ってくるような内容も送付することができ利益確保に大いに役立ちます。

このようにいうとメール送信だけで営業は成り立つように思えますし、ハガキというのは手間やコストを考えるとあまり効果のないものに思えるかもしれません。それでもDMはがきが今でも無くならないのは、手間やコストがかかってもハガキだからこその効果があるためです。ターゲットや伝えたい内容によってはハガキの方が効果が高い場面もあります。



DMはがきの必要性



最近では販促のための方法としてメールが注目されていますが、やはり昔からの手法であるハガキというのも大事な販促ツールです。コストや手間がかかってもそれだけの効果が得られるために今でも多くの人が利用をしています。

メールというのは手軽で誰もが送ることができる、ということは同業他社を始め多くの人たちが色々なメールを配信しているということになります。メールが溜まってくると開くのはどんどんと面倒になっていくものです。そうすると送信したメールを読んでもらえることは格段に減ってしまい、きちんと情報を伝えることができません。

しかし、DMはがきというのは発送することで必ず相手の目に留まるという効果があります。誰もがポストから郵便物を取り出しますし、その時に郵便物に目を通します。そのためDMはがきを送っていればちゃんとそのハガキに書いている内容は見てもらうことができるのです。

万が一、相手が忙しくきちんと書いている内容を見てくれなかったとしても、どこから届いているかということは確認することが多いです。そのため、送った内容は頭に残らなかったとしても、自社の名前を思い出してもらうためのきっかけになります。これはまた足を運んでもらうためにとても重要なことですし、意識への働きかけができることで十分にハガキを送った意味をなします。自分のお店の存在を思い出してもらうということだけでも広告宣伝効果は高く、利益を出すためにはとても重要なことです。これができるのは手にとって目を通すという手間がかかるからこそのことですし、内容で気になるものがあればアクションを取ってくれる可能性を格段にあげることができます。



DMはがき作成をプロに依頼する



ハガキを送るとなればきちんと成果の出るものを作成したいものです。ダイレクトメールは無料ではありません。ハガキ代だけでなく印刷代、データ作成のための人件費とかなりの費用がかかるものです。 そこできちんと成果の出るものを作ることが重要になります。

ハガキのサイズに伝えたい情報をわかりやすく織り込むというのは意外と難しいことです。せっかく送るならあれこれと情報を詰め込みたいと思うものですが、詰め込み過ぎると見にくくなってしまいます。文字フォントを変えたりイラストや写真を入れたりといった工夫をするとなればデザインセンスも求められるので、データ作成もかなり考えて作成することが必要です。

そこで、自分たちで作成が難しいとなればプロに依頼するのも一つの方法です。プロに依頼すると伝えたい情報を簡潔に、そして伝わりやすいように配色やサイズの調整をして作成をしてもらえます。もちろん印刷代やハガキ代以外にもデザイン料が発生してしまいますが、パソコンが苦手な人が作成するよりは遥かに効果のあるハガキができあがります。今のDMはがきで効果が出ないという人はプロに依頼することも検討してみましょう。

プロであれば普通のハガキに印刷したものだけでなく特殊加工がされた見開きタイプのものを作成してもらうということも可能です。せっかくならば費用がかかったとしても顧客にとっても見やすく有益なものを作りたいものです。その点ではプロに依頼をすると見やすいものを作成することができるのはもちろんですが、掲載する内容についてもアイデアをもらうことができることもあります。

次の記事へ