広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

a4の圧着DMの活用について

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > a4の圧着DMの活用について

a4の圧着DMの活用について

a4の圧着ダイレクトメールを活用するメリットについて


ダイレクトメールは主に企業が活用することの多いアイテムですが、ダイレクトメールの種類は豊富です。その中でも近年ではa4の圧着タイプを活用している企業が多いです。なぜハガキサイズではなく、サイズの大きめのダイレクトメールを活用するところが増えているのでしょうか。活用する前にメリットを知りたい方が多いでしょうから、まずはメリットについて紹介します。
1つ目は開封率を上げられることです。ダイレクトメールにおいて開封率は重要なポイントです。基本的に開封率を上げることができないと売り上げアップにも繋げることができなかったりとダイレクトメールの意味がなくなってしまいます。しかし、a4の圧着ならサイズが大きいのでどんな内容が書かれているか見たいと思う方が多いですし、中身を確認することができないので心理的効果も得ることができより受けとった人は開封をしたいという気持ちになると言われています。ダイレクトメールの中でも開封率を上げられるのは魅力的です。
続いて2つ目に低コストを実現することが可能なメリットがあります。a4でサイズも大きいですし開封率を上げられても制作にかかるコストが高いとイメージする人もいますが、実はサイズが大きくても圧着には封筒印刷やチラシ印刷、封入作業というものが存在していません。手間のかかる作業をカットすることでコストカットにもつなげることができます。更に印刷部数が多ければ多いほど料金は安くなるので、まとめて依頼をしたい人にとっては更にお得に作成できます。低コストで制作できるというのは魅力的です。
またその他にも3つ目としてターゲットに直接届けることができるのもメリットです。近年では郵送タイプ以外にもネット広告なども人気を集めていますが、ネット広告は依頼する企業も多く広告が埋もれてしまうことがあります。せっかくお金をかけても見てもらえなければ意味がありません。また、興味がない人に見られたとしても売り上げアップにつなげることはできません。それに比べて圧着は郵送タイプになるので、ターゲットとなる人に直接届けることができますし、興味がある人に届けられるので魅力的です。

ダイレクトメール作成の基本


ダイレクトメールにa4圧着タイプを選んだという人は次にどのような内容で作成するかを考えなければなりません。実際に作成の際にはその基本となる知識について不安がある方も多いので、失敗しないためにダイレクトメールの作成で考えたい基本について紹介します。
まず1つ目はどんな目的かを明確にすることです。例えばただ単に売り上げを上げるために作成するという企業もいますが、売り上げアップだけの漠然とした内容では目標を達成することができません。作成する時は送った相手に何をさせたいのかなども明確に考えて作るのが基本です。続いて2つ目に大切なのが自社のセールスポイントを明確にすることです。例えば競合が多い内容の場合はターゲットに自社を選んでもらうためにはどうすればいいのかを考えなければなりません。その為にはセールスポイントを明確にすることが大切です。売りは何かを把握してから作成するように心掛けましょう。
続いて3つ目の基本は目を引くダイレクトメールの作成です。ダイレクトメールは読んでもらわなければ意味がありません。読んでもらうためには圧着タイプは有効的ですが、キャッチコピーも大切です。例えば自分のことだと思わせる表現を入れたり、購買意欲をそそる表現を入れるなどキャッチコピーで反応率が変わることもあります。しっかりと売り上げを伸ばしたいなら考えたいポイントになるのでキャッチコピーも考えながら制作を進めるといいです。
ここでは作成する時の基本について述べましたが、漠然とした内容よりは細かく計画を立てて作成した方が成功率は上がるので、何から始めたらいいかわからない方や作り方で困っている方は作成の基本について勉強をしておくといいでしょう。

どこの業者に注文をするか


a4圧着でダイレクトメールを作成する際にはどこの業者に注文するかも重要です。ここではこれからダイレクトメールを制作したい人のためにもどこに注文をするといいのかについて紹介します。まず大切なのが印刷の早さです。ダイレクトメールはターゲットに発送するタイミングも重要です。注文する時に時間がかかってしまうとタイミングよく送ることができなくなってしまうので、タイミングにこだわる企業はスピーディな対応を心掛けている業者を選ぶといいでしょう。
また、品質も重要です。印刷をしてもらっても滲んでいるなど、あまり綺麗でないとなるとターゲットの目を引くことができない場合もあります。その為、高品質の印刷技術であることが重要になるので、あらかじめチェックしておきたいポイントです。ここではどこで注文するかについて述べましたが、特に納期や品質は重要なので、最低限二つのポイントは調べてから業者に依頼しましょう。

次の記事へ