広い誌面!開封率アップ!送料無料!
「A4-DM.COM」はふちのり圧着DM専門サイトです!

●ご注文はDMパックへ

フリーダイヤル 0120-580-950 受付時間/平日・9時~19時(土・日・祝日休) 見積・お問い合わせ

a4ハガキを活用して見てもらえるDMを作ってみては?

ふちのり圧着 HOME > ふちのり圧着のコラム > a4ハガキを活用して見てもらえるDMを作ってみては?

a4ハガキを活用して見てもらえるDMを作ってみては?

インパクト大!のa4ハガキ圧着DMとは?


企業もお店も商品を紹介したい時に、ダイレクトメールなどを利用しています。今まで利用されてきたのは、封書で中に紹介したい新商品や、お得な情報が入っていて、封書をお客様に開いてもらうことが難しいといわれていました。企業などは封書表面に、中にこういうお得情報が入っていますとか、おまけをプレゼントしますなどの魅力的な文字を書いて、おまけ商品などコストを使ってより多くのお客様にDMを見てもらおうと頑張ってきました。
しかし忙しい現代人は毎日たくさん送られてくるダイレクトメールをいちいち開くということもなく、捨ててしまうことが多いのです。せっかくコストを使って魅力的な製品情報をお客様に届けたいと思っても、捨てられてしまっては製品情報を届ける事も出来ずコストがただかかっていくだけです。でも、封書ではなく圧着型のDMなら、開くだけで中身を見ることができるので、お客様も開いてくれる可能性があります。しかし現代はハガキサイズのDMを利用する企業等が多くなり、これもまた目立つことがなく、他のDMに紛れて捨てられてしまうことが多いです。そこで注目したいのが、a4ハガキの圧着DMです。
大きさが十分あるので広告したい情報をしっかりお客様に伝えることができ、なおかつ、A4という大きなサイズなのでほかのDMと紛れてしまうこともありません。インパクトが強く、ぱっと開くだけという面倒のなさから、お客様も開いて中身を読むことが多く、企業も店舗も販売促進力が高いと注目しています。A4サイズが圧着してした状態なので、A3サイズの広告を打てるということになり、通常の大きさのハガキと比較してたくさんの情報を知らせる事が出来ますし、おすすめ商品を大きく表示し、よりインパクトの強い広告ができるのです。

イラスト、写真、文字もきれいに大きく掲載できる


A4サイズが圧着されているので、A3クラスの広告でお客様に製品情報を知らせることができます。商品の情報を詳細に知らせたいと思う時にも有効利用できますし、お客様に知らせたいサービスやお得情報などを的確に知らせる事が出来ます。封書の場合には封書を開いて中の書類に目を通すことになります。通常のハガキサイズだと必要な情報を盛り込むことに限界があります。またお年寄りにアプローチしたい内容という場合、細かい字になってしまっては、目が弱くなっている高齢の方にはよりよい広告でも知らせることができません。でもA4サイズ×2というサイズ、また三つ折りタイプの場合にはA3サイズよりも大きなページでみてもらうことができるので、文字も大きくでき、写真やイラストなどを効果的に利用して製品情報やサービス内容をしっかり知らせることができます。顧客がお年寄りでも大きな文字が利用できれば読んでもらえると思いますし、写真やイラストで説明が必要という場合や、グラフ表示した方が内容を把握してもらいやすいという時にも、細かくなる事無くしっかり見てもらうことができます。
こうした商品は高くなるのでは?と思いますが、それほどコストもかからず、魅力的な金額のところもありますし、デザインなどをレイアウトしてくれる所もあります。どんなふうに作ったらいいかわからない場合には相談してみるといいでしょう。新しい商品をプッシュしたい時や、例えば建築系や不動産系で、新しい分譲地の紹介などでも、写真を大きく何枚か掲載できるこのa4ハガキサイズのダイレクトメールは効果的に利用できる販売促進方法になると思います。

依頼する業者は個人情報に厳しいところへ


こうしたダイレクトメールなどの利用で今問題となっているのが、個人情報の漏洩です。企業が顧客へのアプローチとしてこうした圧着はがきによるダイレクトメールを出す場合、ダイレクトメールを作ってもらう業者さんに、企業がもっている顧客情報を知らせることになります。住所と氏名だけの情報でクレジットカード情報やパスワードなどの情報を教えることがないからそれほど心配しなくてもと思う方もいますが、住所と氏名でも個人情報が流れてしまったら企業存続の危機となる事もあります。そのため、ダイレクトメールの作成などを依頼する場合に、業者の選択として個人情報の扱いに厳しい業者、規則がしっかりできていてしかるべきセキュリティー強固なシステムをもっているところに依頼するべきです。
個人情報をその他に利用しないということはもちろんですが、サービスの利用の仕方について、セキュリティーがしっかりしているかどうか、プライバシーマークの取得など行われているかどうかも確認しておくことが必要です。万が一こうした情報が漏れてしまった場合、損害賠償請求をされる可能性もありますし、企業としてお詫びに何か用意しなければならないこともあります。そればかりか、企業に最も必要な信頼が失われてしまうこともあるので、セキュリティーに気を配っているところに依頼する方が安心です。これから先、ただ広告するだけではお客様の目に触れることが少ないと考えられます。顧客の層や好みなど限定した広告をそれぞれに見てもらうためにも、a4ハガキの圧着DM等、有効に利用していくべきでしょう。

次の記事へ